愛人募集サイトには変態が多いって本当?

愛人募集サイトには変態が多いって本当?

愛人募集サイトを利用する男性は、社会的に成功をおさめている男性で経済的に余裕がある男性です。
その事に関しては間違いありませんが、実は社会的に成功をおさめている人の方が驚くべき性的嗜好を秘めているケースが多いと知っていますか?
その理由は解明されてはいませんが、やはり常人とは違う才能を持った人は常人とは違う行動をとるものなのかもしれません。

社会的に成功している立場だからこそ、驚くべき性的嗜好が周囲にバレてスキャンダルになったら大変な事になってしまいます。
その内容によっては社会的地位を失ってしまう可能性もありますよね。
そのため恋人や妻には決して見せる事が出来ない秘密の顔を持っているかもしれません。

もし肉体を重ねる事になるなら

そして愛人募集サイトであれば、愛人契約を結んだ関係です。
つまり報酬金額にはどんなセックスプレイをしても、その内容を周囲に漏らしたらいけないという口止め料も含まれているのです。

ですがいくらお金のためとは言え、人には出来る事と出来ない事があります。
そしてその許容範囲は人それぞれ異なるので、自分はどこまでなら応じる事が出来るのか自分の性癖についてもボーダーラインを明確にしておく必要があります。

では世界で活躍をした成功者がどのような性癖の持ち主だったのか、何人か例として紹介したいと思います。
フランス革命で活躍をした英雄・ナポレオンは「クサイ臭いが大好きだった」という記録が残されています。
そのため遠征から帰る際には、妻に「今から帰るからお風呂には入らないように」と手紙を書いていたようです。

当時のフランスでは現代のように、毎日お風呂に入る習慣はありませんでした。
また日本人よりも外国人の方が体臭がキツいと言われていますから、お風呂に入らない状態でセックスをするとかなり臭かったのではないかと推測出来ます。

良し悪しをはっきりと示しておきましょう

そしてあの世界で最も有名な作曲家・モーツァルトに関しては、「スカトロ」の性癖がありました。
モーツァルトに関しては、自分の性癖を隠そうとする気持ちはなくなんと歌詞の中にスカトロを匂わすような描写があります。
「俺の尻をなめろ」「俺の尻をしっかり舐めて清潔にしろ」という歌詞が本当にあるのです。

このように教科書に載るような偉業を成し遂げた人であっても、品行方正であるとは限らないという訳です。
なのでもしあなたが愛人募集サイトで出会った男性が、物腰が柔らかく紳士的に見えてもセックスのプレイも紳士的かどうか分かりません。
だからこそ愛人契約にセックスも含まれる場合は、必ずプレイ内容とNG行為について事前に確認をしておく事をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です